スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一のワンコばっかりなら

わたしには持つ時、非常に緊張する食べ物がある。
ケーキである。

ケーキは過去、3回落としたことがある。
2回は自分の。
1回はよりによってお客さんのである。

ケーキ屋さんでアルバイトしていた、若かりしわたくし。
オーダーのお誕生日ケーキを、引き取りに
お客さんが来店してきた。
メッセージプレートに間違いかないか確認してもらい、
お渡しになるので、お客さんの前で、
箱を開けたわけです。
そしたらね、箱のどこかにひかっかって、
ケーキが真っ逆さまに落ちたワケですよ。
スーパースローカメラのような映像で、
ゆっくり落下していくケーキ。
床に逆さまで着地した。
『お誕生日おめでとう♪』のプレートが、
真っ二つだった・・・・・。

ちょうどその頃、本社の上の人間がいてて、
即対応し、ケーキが必要な時間までに、
ご自宅にお持ちする、ということで、
事なきを得たのだが・・・・。

それ以来、ケーキを買いに行っても、
持ちたくない。
人に渡すモノなら、尚更である。



自分の子ども達を見ていると、
PB271162世界一1
うちの子って、なんてかわいいのっ!
世界一かわいいよん(*´▽`*)
なんて思う。
誰がなんと言おうと、世界一かわいい。

例えこんな顔や、
_qYPOHnI世界一2

『リング』の貞子の様な目だったとしても、
GYp3bDra世界一3
その思いは揺るがない。

ほんとに大切な家族で、
IMG_1365世界一4

愛おしい存在だ。
IMG_1355世界一5

わたしは『愛玩動物』や『ペット』という表現は
好きではない。
しおんやかえでのことは、『家族』で
『自分の子ども』と思っている。
ただこれは、わたしの考え方なので、
「犬は犬でしょ。」
「人と区別して接するべきだ」
という考え方の人がいても、当たり前だと
思っている。

でもね、『愛玩動物』や『ペット』というカテゴリーなら、
愛される為の、可愛がられる為の、存在ということだと思う。

お世話になってるトリマーさんが、2匹のポメちゃんを
保護していた。
まだ5歳だというのに、毛はボロボロ、歯もボロボロで、
1匹は歯がもうない状態。
狭いケージに入れられたままだから、筋肉もなくて、
ただ歩くだけのことが、ふらついてできない。

なんだろう・・・・・。
やるせなかった。
わんこって愛してくれる。
まっすぐな瞳で、見つめてくれる。
その思いに応えられないなら、
わんこと暮らす資格なんて、ないと思う。

『愛玩動物』『ペット』という括りなのであれば、
いっぱい愛してよ。
可愛がってよ。
わんこがくれる愛情以上に、
愛を注いでよ。

わたしにとって、しおんとかえは、
P1311565世界一6

世界一のわんこ。
P1311571世界一7

皆さまの大切なお子様は、
皆さまにとって、世界一のわんこ。

世界一のわんこばっかりなら、
世界一の子ばっかりなら。

幸せな子ばっかりになるんだろうな。




最後までお読みいただいてありがとうございます。
お帰りの際、ぽちっとお願い致します。
  ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


真面目に語ってしまいました。
たまにはこんなブログも、許してください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。