スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごろーとの思い出

実家にいってました。
1ヶ月に1回ペースで行きます。車で揺られて大体1時間程で、宝塚に到着です。

実家のわんこ、ごろーくんが7月1日になくなって、もう2ヶ月半以上。49日の法要も終え、今日はお彼岸を兼ねてのお墓参りをしてきた。

実家をでたわたしには、まだ玄関先に、ごろーがいるような気がしてしかたない。
車の気配が分かると、ワンワンと元気に鳴いていたごろー、でも・・・・・もうその姿はない・・・・。
わたしが高校に進学すると同時に、やってきたごろー。そこから16年と半年、彼は家の玄関先が居場所だった。
たいした知識もなく、ただ飼いたいという感情だけで迎えたわんこ。
ごめん。もっともっと、一緒に遊んだらよかったのに、わたしはきみとの時間を、あんまり作らなかったね。

大切な存在はいなくなってから気付く。
実家に帰る度、だんだん踏ん張る力が弱くなっていた。ごろーに残された時間は、どんどん短くなっていってたんだろうな。
正直お別れは近いと思っていたけど、でも心の中では考えたくなかった。
3月末に倒れて意識を失った時、お願いだからまだ逝かないでって、家族みんなが思った。
そしたらごろーは、ふらつく足で無理に体を起こそうとして、わたし達に大丈夫、といってくれた。
1日だけ入院したけど、すぐわたし達のところに帰ってきてくれた。

そこから3ヶ月、ごろーは何度かがんばってくれたけど、旅立ってしまった。

ありがとう。わたし達のところに来てくれて、ありがとう。本当に本当に、ごろーに会えて楽しかったです。
わたしが一緒に暮らした、最初のわんこ。ごろーはわたしに、たくさんのことを教えてくれました。
できればもっと、たくさん一緒の時間を過ごしたかったけど、一生懸命生きてくれました。
虹の橋で、お父さんとお母さんを、迎えてあげて、下さいね。

DSCF0592.jpg
IMG_0082.jpg
DSCF0594.jpg
DSCF0595.jpg
DSCF0583.jpg

わたし達は、きみのことが、大好きだよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。